エコな住宅を建てたいならエアパス工法で依頼|理想を叶えてくれる家

つみ木

家族の変化と住まい

男性

工夫が目立つ住宅

独身時代はワンルームマンションを借りれば十分だと思っていても、結婚し子どもが生まれると住まいへの考え方も変わります。子どもの教育環境、老親との距離、職場へ通勤時間などを考慮して、安心して長期間暮らせる住宅を探すようになるのです。そのため、設計の自由度が高くなる注文住宅を望む声は非常に多いのです。人口密度の高い神奈川県においても注文住宅は人気です。横浜市、川崎市は特に人口が多く、住宅需要の大きな地域です。神奈川県の中心部ともいえるエリアでは宅地価格も高く、広い土地を手に入れるのは誰もができることではありません。そのため狭い区画であっても注文住宅で設計を工夫し、快適な生活空間を作り出しています。個人宅で3階建て以上の注文住宅も珍しくはないのです。1階部分はガレージとして使用し、メインの生活空間は2階、3階という造りにして土地面積を有効活用しています。神奈川県の郊外に移れば、宅地価格も比較的安くなります。農地や緑地も残されており、注文住宅も庭付き一戸建て、駐車スペースも広く取るケースが増えるのです。広い工場跡地を一括して宅地開発しているところもあり、新たな街が作られています。新しい分譲地には、同世代の住人が集まりやすく、交流が生まれ住み心地のよさに繋がっています。全体的に生活インフラの充実している神奈川県ですが、注文住宅を建てる際には実際の立地を見学して、生活のイメージを固めておく点は怠らないようにしましょう。